読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

くまこの日記

くまこの闘病&妊活の記録

子宮筋腫の手術が決まるまで その3

年明け、手術前検査の結果を聞きに、再び大学病院を訪れました。 必ず家族の同伴が必要との事で、夫に付き添ってもらいました。

子宮筋腫の様子と手術の説明

まず、夫と一緒に私のMRIで撮影したフィルムを見ながら、子宮の様子を説明してもらいました。 ほとんどが、前回聞いた説明だったのですが、私の子宮には、6cmの筋腫だけでなく、複数の筋腫があるとの事。それは初耳だったのでびっくりしてしまいました…。クリニックの先生も、手術してくださる先生も、この段階まで不妊に関わりそうな筋腫の話しかしてくれなかった…でも、なるべく全部取ってくれるそうです。

その後に手術内容のくわしい説明がありました。口頭で説明してくれるだけでなく、手術によって得られる効果と、起こり得る事故など、リスクについて書かれた数枚に渡る説明の用紙もくれました。

手術前検査の結果

続いて、先日受けた検査の結果の説明がありました。 結論から言うと、予定通り手術は可能との事。よかった。全て問題無しだったそうですが、心配していた貧血はヘモグロビン値10.5と、手術できるギリギリだったそうです…。この値が足りないと、数ヶ月は貧血の治療が優先されてしまうので、ほっとしました。

実は去年の健康診断の結果、ヘモグロビン値は9だったのですが、ここ1年程ヘム鉄のサプリメントを飲んでいて、10.5と聞いた時貧血治ってる! と思ったのですが、正常な人は12以上あるそうで、立派な貧血状態との事…(・3・

手術の時に使うかもしれない血

ところで、手術の際、輸血が必要になる場合があるそうです。 その際、希望すれば輸血に使う血をあらかじめ自分から採っておく事ができると言われました。他人の血を使う場合にまれに病気に感染したり拒否反応が起きたりする事があるそうです。(本当にまれらしいですが) 私は一応自己血での輸血を希望しました。 手術の1週間程前に来院して採血(400cc)するそうですが、私は貧血状態なので、その日の血液検査によって採血できるか決まるとの事…生理終わった直後の予定だし、無理そうな気がしています(;3;今頑張って毎日鉄剤を飲んでいます。

ここ数年、貧血で困る事はなかったのですが、こんな時に色々と不都合が出るのですね…。筋腫の手術を考えている方で貧血気味の方は、とりあえず早めに改善しておくといいかもしれません。

麻酔科医との面談

手術の打ち合わせが終わると、麻酔科の先生から全身麻酔についての説明を受けました。 手術の説明同様、麻酔で起こりうるリスクの説明もあったのですが、弱い歯が欠ける可能性があるという話しが意外でした。無意識に食いしばる事があるそうです。私は前歯がちょっと弱いので不安です…。

入院の予約の手続き

麻酔科で説明を受けたら、今度は入院の予約手続きをしました。 入院のしおりをもらって、部屋代がかからない大部屋を予約してきました。医療保険に入っていなかったので、個室は断念(節約!)窓口の人に、入院・手術でだいたいいくらかかるのか聞いたら、25万くらいじゃないかな? と教えてくれました。 これは高額医療費制度を調べねば…と思いました。

そんなわけで、朝イチ(8時半)くらいに病院に行って、全て終了したのは13時くらいでした。 次に病院に行くのは輸血用の血を採る時です。