読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

くまこの日記

くまこの闘病&妊活の記録

子宮筋腫と私

手術後、担当のお医者さんから行われた手術について話しを伺う時間がありました。 私の場合は腹腔鏡手術で6cm〜2mmまでの筋腫が4個、取れたとの事です。

私が持っていた子宮筋腫について、実はあんまりよく知りません。 治療のきっかけが不妊治療だったからか、MRIを撮った後でさえ、妊娠に直接関わりのありそうな筋層内にある6cmの筋腫の話ししか聞いていなかったので…(汗)他の筋腫がどこにあったのか、話を聞いてもよくわからなかったんですよね。。とにかくその6cmは取ってもらえたようです。

問題の6cmの筋腫は、子宮内に突き出て子宮をほぼ占領していました…ので、これが無くなった事で妊娠もしやすくなるのではないかと、先生はおっしゃっていました。妊活頑張らねば。

ところで、子宮筋腫が最初に見つかったのは2016年の夏の終わり頃でしたが、本当はこの筋腫っていつからあったのか、ちょっと思い返してみました。

2015年12月

生理が10日以上止まらなくて、産婦人科に相談に行きました。 半年に一度くらいの頻度で10日以上生理が続く月があり、その他の月も8日と、昔に比べて2日程度生理期間が長くなっている事が気になっていたのです。内診は一応あったものの「ちょっと子宮が大きい気がする」と言われるにとどまり、「引っ越しとか転職とかしませんでしたか?」と聞かれ、ちょうど引っ越しをしていたのでその事を伝えると「多分ホルモンバランスでしょう。もし気になるようでしたらまた3ヶ月後に来てください」と言われ、生理を整える薬(ピル?)を処方されて帰されました。 なぜ3ヶ月だったのかはわかりませんが、また行こうと思いつつ、これ以降生理が長引く事がなかったのですっかり忘れてしまっていました。

2014年12月

会社の健康診断で子宮頸がんの検査を受けた際に内診がありましたが、その時は特になにも言われませんでした。

という事は筋腫は2014年12月以降にできたのか?

毎年健康診断を受けるようになったのは、2012年頃から。(婦人科健診は2014年が初めて) 2012年の健診から、毎年貧血でひっかかっています。 2012年頃の自分を思い返してみると、生理の量が予想外に多くて、しょっちゅう下着やズボンを汚していました。氷を食べるクセが付いたのもこの頃です。生理が長引いてると思い始めたのもこの頃。

そう考えると、筋腫は少なくとも2012年頃からあったのではないかと推測できます。2014年の健診でひっかからなかったのは謎ですが。。

激動の時代をともにしていた

たいした思い入れもなく、とにかく邪魔だからと取ってしまった筋腫だけど、30代半ばで独身・一人暮らし&仕事激務の、人生で一番歯を食いしばりながら必死で生きていた時期を一緒だったと思うと、もう少し別れを惜しんでもよかったのかもしれない。